家庭菜園

2011年09月24日
市民農園Q&A
Q:秋野菜の種(ダイコン、カブ)を8月下旬に蒔いた、いま葉が重なり合うくらい成長した。間引き、肥料のやりかたを教えて。
A:まず、ダイコンは枯れた下葉を取り除き、株の間隔を18pになるように間引きをする。肥料は、株の片側に化成肥料一握りを1m位の幅に撒き土を薄くかけてやる。
A:カブは、幅60pの畝に種をばら蒔きにしてあるので両側2列になるよう間を間引いてやる。そして間引いたスペースに浅い溝を掘り化成肥料を少量与えておく。

今後の管理
ダイコンは、間隔をとり播種してあるのでそのままで良いが枯れた下葉をとるとうに
する。カブは、葉が重ならないように間引きをしてやるとよい。
気温の変化が大きいこの時期、まめに農園に出かけ野菜をよく観察することが、失敗
しない方法である。


バックナンバー

浩一のがまだせ!熊本トップヘ

Copyright (c) 1998-2010
"RKK"Kumamoto Broadcasting CO,Ltd.All right reserved.