家庭菜園

2011年03月05日
しいたけの駒打ち
○梅の花が咲く今頃から桜咲く頃までが椎茸栽培をはじめる適期、椎茸は椎茸菌の付いた種駒と呼ばれる木片を原木に打ち込んで1年〜1年半すると椎茸菌が繁殖し
収穫期を迎える。

○しいたけの駒打ちのポイント
1:原木は紅葉が終わり芽吹くまでの間に伐採して1ヶ月間葉がらしをしておく。
(木種は、クヌキやコナラ類が最適)

2:乾燥した原木(径10p程)を1メートル位の長さに揃え、9.5ミリ径のドリルで  
深さ2.5センチの穴を縦に20センチ感覚で6個、隣の列は5センチ空け5個の穴を
開けていく。

3:次ぎは、開けた穴に種ごまを垂直に金槌で打ち込む。

○今後の管理
駒打ちが終了したら、菌を活着させるため約一月間、湿度のある日陰で低くして
横並びに置く、その後風通し良い林などに移し井形状に原木を組み直し1年間寝かせ
る、寝かせ終わったら原木を立て合掌組みにする、6月と9月には原木の天地を変えてやる。こうすると一年半後の秋には椎茸が育ち収穫期をむかえられる。


バックナンバー

家庭菜園トップヘ浩一のがまだせ!熊本トップヘ

Copyright (c) 1998-2010
"RKK"Kumamoto Broadcasting CO,Ltd.All right reserved.