熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

新型コロナ 観光への影響
2020年01月28日 18:02 現在

感染拡大が続く新型コロナウイルスを巡っては、28日中国・武漢への渡航歴がない感染者が、日本国内で初めて確認されました。
その影響は、県内の観光にも広がりをみせています。

外国人にも人気の観光スポット・阿蘇市には、春節の期間中、中国から約300人の宿泊客の予約が入っていましたが、100人がキャンセルに…。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、渡航禁止などの影響とみられます。

「渡航禁止前にお越しいただいていたお客様は、ほとんど阿蘇を離れているので、これから少なくなってくる状況ですね、今後の動向が気になるところです」(阿蘇市観光協会事務局長)

「28日、数人、中国人の旅行者の取り消しが出た。やっとそういった影響が出てき始めているのかなという印象です」(九州産交ツーリズム地方創生事業部担当者)

熊本での日帰り旅行を扱う旅行代理店でも、ここにきて影響が出はじめました。
また、中国への旅行を計画していた県内の旅行客からも、キャンセルの連絡が相次いでいるといいます。

更にその旅行先は、中国に限らず周辺国へも拡大し始めています。

「発生が公表されているベトナム、シンガポール、台湾、なども取り消しいただいている」(九州産交ツーリズム旅行事業部担当者)
「(影響は)大きくなってほしくないけれど、長期化したら影響を大きく受けるかもしれないと思う」(九州産交ツーリズム旅行事業部担当者)

一方で、今年3月からクルーズ船の受け入れが始まるこの場所では…
「既に80隻ほどのクルーズ船の来航が決まっていて、その多くが中国、からで水際対策がとられることになります」(記者)

現在、新しいクルーズ船の拠点、くまモンポート八代の建設が進む八代港では、中国を出て10日以内の船を対象に、乗客のサーモグラフィでのチェックや、乗組員の体温を報告させるなどの対策がとられる予定です。

RKKニュースは Yahoo!ニュース  Gooニュース  スマートニュース  グノシー nor. 等でもご覧いただけます。


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp