熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

昔ながらの黒糖つくり最盛期
2019年12月15日 11:48 現在

今では珍しくなったサトウキビを原料にした「黒砂糖作り」が今年も天草市で行われています。

天草市佐伊津町では温暖な気候を活かして、江戸時代からサトウキビが栽培され、黒砂糖作りが盛んに行われていました。町の工場では、いまも昔ながらの製法で黒砂糖作りが行われていて、長さ1メートル前後のサトウキビが専用の機械に入れられ搾り出した原液が大きな釜で煮詰められます。2時間ほどかけて水分を蒸発させたら、すり鉢で固まらないようにかき混ぜた物を箱に流し込み今では珍しい天草特産の「黒砂糖」の出来上がりです。添加物を加えないこの黒砂糖は、昔ながらの味を伝えしつこくない甘さが人気です。黒砂糖作りは来年の1月20日ごろまで続けられます。

RKKニュースは Yahoo!ニュース  Gooニュース  スマートニュース  グノシー nor. 等でもご覧いただけます。

ニュースラインナップ


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp