山鹿市

新型コロナウイルス感染症対策に係る国分科会ステージ及び熊本県リスクレベルについて

新型コロナウイルス感染症対策
に係る1月15日からの熊本県
のリスクレベルについては、「
国分科会ステージ:4(県リス
クレベル5厳戒警報」を維持し
ます。

※今回から国分科会ステージに
ついても公表します。

 国内の感染拡大傾向は継続し
ており、過去最多の水準を更新
し続けています。特に大都市の
ある自治体の感染状況は拡大が
著しく、政府は、1月7日に東
京都など一都三県に、1月13
日に大阪府など二府五県に緊急
事態宣言を発出されました。
本県の先週(1/7~1/13
)の新規感染者は558例(リ
ンク無し感染者は179例)で
、1月13日時点の病床使用率
は62.6%でした。各種指標
を総合的に判断すると、現状は
国分科会の定める「ステージ4
」の状況に該当します(リスク
レベルは「レベル5厳戒警報」
)。
 新規感染者は過去最大の数で
、先週から2倍以上の急激なペ
ースで増加しています。リンク
無し感染者も持続的に増加し、
過去最大の数となっており、最
大限の警戒が必要です。
 このような状況から、熊本県
においては、1月14日に県独自
の緊急事態宣言を発令(1月13日
に発表)し、県内全域の飲食店
に対する営業時間の短縮や、不
要不急の外出自粛等の最大限の
強い措置を要請することを決定
しました。
 本県の感染状況は、危機的状
況にあり、このまま感染が拡大
すれば、医療崩壊を招く恐れが
あります。非常に厳しい要請を
行ったが、県民の皆様には、要
請を遵守していただき、引き続
き基本的な感染防止対策の徹底
をお願いします。


『県民の皆様への、基本的にお
願いすること』

《県民の方への要請》

【最も重要なお願い】
・ 症状がなくとも、外出時の
屋内ではマスクを着用して下さ
い。
・ こまめな手洗い・手指消毒
を行ってください。
・ 発熱時は仕事等を休み、か
かりつけ医等に電話相談を!


【基本的な対策及び考え方】

・「新しい生活様式」の実践を
お願いします。
・コロナウイルス検査を受ける
時や感染者との濃厚接触疑い時
などに、保健所から自宅待機を
指示された場合は、指示を守っ
ていただきますようお願いしま
す。
・マスク着用、手洗い、人と人
との距離の確保等の感染防止対
策の徹底を要請します。
・帰宅直後の手洗いや入浴、発
熱等の症状がある同居者と部屋
を分けるなど、家庭内における
感染防止対策を徹底して下さい

・厚生労働省がリリースした接
触確認アプリの、積極的な利用
をお願いします。

 
【外出について】
・「3つの密」のある場及び感
染が流行している地域への移動
は控えて下さい。
・発熱やかぜの症状がある場合
は外出を控え、特に会食等に参
加しないようにしてください。
・高齢者、基礎疾患を有する方
及びその御家族の方は、外出の
際は感染防止対策を特に徹底す
ることを要請します。


【飲食店等、営業施設の利用に
ついて】
・ステッカーを掲示していない
など、感染防止対策が講じられ
ていないホストクラブやキャバ
クラなどの接待を伴う飲食店は
利用しないでくださ。
 また、その他の飲食店等につ
いても、感染防止対策が講じら
れていない場合は利用を控えて
ください。


【企業、事業所、施設の感染防
止対策について】
・企業及び事業所等においても
、業種別ガイドラインを参考に
感染防止対策を要請します。
・社会福祉施設及び医療機関に
おいては、施設内感染や院内感
染を防止する対策の徹底を要請
します。
・事業所や施設内における感染
防止対策においては、特に次の
点に留意し具体化して下さい。
 ‐ 感染者や有症状者等が発
生した場合の、事業所内での連
絡体制や事業休止のルール等を
定めておくこと。
 ‐ 感染者等が発生した場合
の、対策責任者や対応者等を定
めておくこと。

【飲食店の感染防止対策につい
て】
・県が示した業種別の「感染防
止対策チェックリスト」、国が
取りまとめている感染拡大予防
ガイドラインにより、十分感染
防止活動を行ってください。
・熊本市をはじめ、各市町村及
び団体等が行う飲食店における
感染防止対策支援事業に積極的
に取り組み、感染防止を十分に
図って下さい。
・県において感染防止講習会へ



戻る