RKK熊本放送

いいことあるぽRKK

熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

倒壊した阿蘇神社の楼門 解体作業が完了
2017年11月22日 19:06 現在

熊本地震で被害を受けた阿蘇神社で楼門の解体作業が今月2日に完了し、現在の様子が公開されました。
「こちらは阿蘇神社の楼門があった場所ですが地震で倒壊した姿は今はありません。およそ1年かけた解体作業が終わり柱の部材が並べられています」(記者)
解体作業が終わったのは、国の重要文化財に指定されている阿蘇神社の楼門です。
阿蘇神社の楼門は、約160年前に建てられましたが、去年の熊本地震で倒壊、去年11月から解体作業が始まり、再建するときにできるだけ多くの部材が再利用できるよう慎重な作業が続いていました。
「事故なく解体が完了したことに感謝の気持ちでいっぱいです」(阿蘇神社 池浦秀隆権禰宜)
解体された部材には、接続部分を示す印や重さなどが記されています。今後は、部材ごとの破損状況を調べて再建に取りかかり、2022年度内の完成を目指しています。
「信仰の対象としての神社ですから(参拝する)方々の気持ちに応えられるよう神社の復旧の姿がどういうものがふさわしいか今後も考えながら取り組みたい」(阿蘇神社 池浦秀隆権禰宜)

ニュースラインナップ


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp

ページトップ

©  RKK 2017