熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

「ヨカヨカ」引退へ 調教後に暴れて骨折か
2021年9月23日 12:02 現在

熊本県産の馬としては初めて、JRA=日本中央競馬会の重賞を制した「ヨカヨカ」が足を骨折し、引退することがわかりました。

ヨカヨカは、熊本市東区の牧場で産まれた競走馬で、熊本県産馬としては初めてJRAの重賞を制覇するなど、これまで10戦4勝の戦績を収めてきました。

関係者によりますと、ヨカヨカは左前足の関節部分を骨折し、競走馬として走ることが出来なくなったと診断されたということです。

22日の朝、調教の後の移動中に暴れたことが原因とみられています。

生産者の本田土寿さんは、RKKの取材に「非常に残念だが、活躍は歴史に刻まれるものでよく頑張ったといいたい。命が助かったのは不幸中の幸い。今後は、お母さんとして活躍する仔馬を産んでほしい」と話しています。

ニュースラインナップ


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp